外張り断熱SR工法

外張り断熱SR工法

外張り断熱SR工法

Simple&Rational(シンプルで合理的)をコンセプトにした独自の外張り断熱SR工法は、全自動プレカット機械による高精度に加工された軸組材(柱・梁)と、外断熱パネルを組み合わせた高性能かつ合理的な木造構造。在来工法の粘り強さと、ツーバイフォー工法の剛性を併せ持った高い耐震性、外断熱によるレベルの高い気密、断熱性能が特徴です。

外張り断熱SR工法

プレカット材を用いることで、手加工に比べ接合部の強度は1.5倍も向上。

また、外張り断熱SR工法の住まいは、屋内空間を24時間計画換気しながら、汚れた空気や水蒸気を排出。床下空間にも計量換気システムを取り入れており、室内同様に効率的な換気で構造体そのものの耐久性向上にも貢献しています。

木の持つやさしさや温もり、自然素材を吟味して創り上げた室内空間は、そこに住む家族と地球環境の健康を願ってやまない、私たちの姿勢の表れでもあるんです。

外張り断熱SR工法のメリット

  1. 結露の心配がほとんどなく、結露から生じるカビやダニの心配も少なく家族が健康に暮らせます。
  2. 結露や雨漏りの心配がほとんどないため、柱などの構造材が腐りにくい高耐久住宅です。
  3. 優れた断熱性能で、省エネ住宅を実現。冷暖房コストが大幅に節約できます。
  4. 家全体の温度差が少なく、高齢者のヒートショックも軽減できる。
  5. 断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・ 気密性が実現できます。

安全、安心、快適、省エネ、外張り断熱SR工法の家

サノホームの家づくりは、家族みんなの生活を大切に考えた、木のぬくもりがあたたかい人にやさしい住まいです。
都市という限られたスペースの中で、太陽と緑と風とを取り入れながら、毎日の生活をより楽しく快適なものにしたい。そんなひとりひとりの住まいへの夢をかなえていくための家づくり、そこに佐野建設の考える家づくりの基本があるのです。

こうした考えは、家は人生にとって大切な“空間”なのだというひとつのテーマがあるからです。
家族たちの舞台として、そして成長の為の基盤として、これからの家づくりには、こうした家族のこれからを考えた主張を積極的に取り入れていきたいものです。

北国のための快適な住まいづくりを提案してきた私たち佐野建設は、そこに住む人のぬくもりや優しさが家を通して伝わる家づくりを森から学び、そして常に木に問いかけながら住まいづくりをしていきたいと考えています。

耐久性と「人・環境」に優しい断熱

■断熱にこだわって、外断熱工法を選びました。

硬質ウレタンフォーム住宅の断熱工法には、主に内断熱工法と外断熱工法の2種類があります。

内断熱工法は、グラスウールなどの断熱材を柱と柱の間に充填する工法です。断熱先進国の北欧や北米の大部分の住宅も、この方法で建てられています。

これに対して近年、注目を集めて建築棟数が増えているのが外断熱工法です。これは柱などの外側に板状の断熱材を張り、建物をすっぽり包んでしまう方法で、湿気の多い日本の気候風土に最も適した断熱工法です。

高断熱・高気密性は、外断熱工法に。一般に採用されている、グラスウールを室内に詰める内断熱工法は柱、土台、桁の部分で断熱材がとぎれ、壁内結露の危険もあります。しかし、建物の外側から断熱を施せば、そうしたデメリットは解消されます。

外断熱室内の温度が外に逃げにくい構造になっている外張り断熱SR工法の家は、夏は涼しく、冬はポカポカ。まるで魔法瓶の中のように、室内の温度が外気温に影響されず、また、室内の温度が外に逃げにくい構造になっています。部屋の上と下の温度差が少ないのはもちろん、部屋ごと、あるいは昼夜別の温度差が生じる心配もなく、安定した、しのぎやすい環境が保たれるようになります。

断熱材に使用される硬質ウレタンフォームはオゾン層破壊係数ゼロ、地球温暖化係数5以下という発泡剤(HCガス)を使用しており、ウレタンボード業界初のノンフロン化を実現した環境にもやさしい製品であります。一般のグラスウールに比べ、約2倍もの断熱性能を誇り、1年を通して快適な室内温熱空間を約束できるのも大きなメリット。

また、外張り断熱SR工法の住まいは、屋内空間を24時間計画換気しながら、汚れた空気や水蒸気を排出。床下空間にも計量換気システムを取り入れており、室内同様に効率的な換気で構造体そのものの耐久性向上にも貢献しています。

木の持つやさしさや温もり、自然素材を吟味して創り上げた室内空間は、そこに住む家族と地球環境の健康を願ってやまない、私たちの姿勢の表れでもあるんです。

地震に強い優れた耐震性能

■プレカット材で、手加工に比べ強度は1.5倍に。

プレカット従来の木造住宅は土台・柱・梁などの軸組材の仕口、継手加工を大工さんの手加工で行っていました。 それに比べ、機械によるプレカット加工は早くて正確また建築現場に廃材を出さないという環境問題にも対応した住宅部材です。
そのうえ、接合部の強度が約1.5倍もアップします。
>>プレカット加工について

■高水準の耐震性を約束します。

SR軸組パネル構造木造軸組工法では、地震や風など、建物に加わる横の力に備え、壁面に筋かい(柱の間に斜めに入れる木材)を取り付けます。その場合、壁の強度は壁倍率1.5倍(30×90 片入れの場合)となります。

一方、外張り断熱SR工法では壁パネルに壁倍率2.5倍の構造用合板を使用しております。 また、合板を使った壁・床・天井のパネルがツーバイフォー工法と同様の6面体の箱型構造を形成するため、どの面も接する他の面とお互いに支え合い、外部からかかる圧力を他の面にバランスよく分散する事ができます。従来の筋かいと比べて、点ではなく面で力を受けるため強度をアップ。また、構造用合板は気密性にも優れているため、外張断熱との相性も抜群です。

この基本構造によってSR工法は地震による大きな揺れや台風などにも耐えられる強度を備えました。

SR軸組箱形構造

一つ一つが、サノホームの独自性の証

住まいの値打ちを高めるために、私たちはたゆみない努力と工夫を重ねています。

AQ認証「高耐久性機械プレカット部材」

構造材に用いるプレカット部材には、日本住宅・木材技術センターのAQ認証を受けた高耐久性機械プレカット材を使用しています。これは、従来のAQ認証に必要な項目に防腐・防蟻処理性能が加わったもの。こうした高品位部材認証を受けている工場は岩手県内では多くはありません。

木造住宅合理化システム認定<空>木造住宅合理化システム認定

サノホームは「建築物性能等認定事業登録規定」に基づく認定済み。良質で適切な価格の軸組木造住宅に関する、合理化した生産供給システムを対象とするものです。特に、耐久性の高い住宅に与えられる「高耐久性能タイプ」に認定されました。

住宅性能保証制度業者登録証住宅性能保証制度業者登録証

 

次世代省エネ気密評定工法認定証次世代省エネ気密評定工法認定証

 

サノホーム独自の品質管理システムと万全のアフターサービス

  1. 品質管理を徹底し、より安心で間違いのない住宅づくりをするために、「基礎配筋時、構造・断熱工事終了時、完成時」の計3回、お客様の立会のもとに品質管理専任スタッフが検査を実施いたします。(その他必要に応じて行います。)
  2. サノホームの外張り断熱SR工法の高耐久性能タイプは性能保証住宅登録機構の「10年保証制度」の登録住宅になります。
  3. アフターサービス専任スタッフによる定期点検を行いますので完成後も安心です。連絡をいただければすぐに伺います。